施設紹介

祖谷の地美栄について

安心安全で透明性の高いジビエを、
欲しいときに欲しい量を迅速にお届けする

 

 祖谷の地美栄(いやのじびえ)は、2014年8月に開業した野生鳥獣(ジビエ)専用の食肉処理加工施設です。運営は地元東祖谷地区猟友会を中心として設立された「三好市鳥獣被害防止対策協議会」が担っています。

 立地場所の徳島県祖谷地区は、周囲を1,000m超の山々に囲まれた四国で最も山深い"秘境"として知られています。険しい山々を駆け回りながら、たくましく、またその多様で豊富な植生を糧に育つ野生の鹿やイノシシは、昔から滋味として、また山間地域の貴重なタンパク源として尊ばれてきた伝統があります。
 
 そんな祖谷の山の恵みをより多くの皆様にお届けしたい。そしてその上では、お肉の安心安全はもちろんのこと、お客様の「欲しいときに欲しい量を」にお応えできる迅速さも可能にしたいと考えてきました。

 しかし、ジビエは家畜された動物と違い、季節や自然環境の変化によって捕獲量が上下し、1体1体の個体の大きさや状態が異なる野生の食材のため、お客様の望むトレーサビリティシステムの確立には多くの困難があります。また、この困難さは、栄養価が高く山間地では古くから食材として親しまれてきたジビエが、広く一般に流通すること自体の最大の障壁になってきました。
 
 そんな中、祖谷の地美栄では、開業当初から関係者一丸となって個体の捕獲、搬入、解体、保存、発送まで、すべての作業工程を追跡可能な独自の「トレーサビリティシステム」を構築することを最大の目標として、一歩一歩真摯にそして確実に取り組んできました。こうした開業以来の成果もあり、2019年1月には「国産ジビエ認証※」施設の全国第2号施設として農林水産省の認証を受けるに至り、安心安全で高品質なジビエを消費者の皆様にお届けする施設として公的にも認めて頂くに至りました。
 
 その後は、こうしたトレーサビリティ情報の蓄積を活かした在庫量のリアルタイム公開=「Web発注システム」にも幅を広げ、お客様がいつでも祖谷の地美栄の発送可能在庫量をご確認頂いた上で即発注ができる体制を整えました。また、Web発注システムは、商品の受発注や発送作業にかかる人的、時間的なコストの抑制にも絶大な効果を上げており、価格面でネックになりやすいジビエにおいて、よりお求めやすい価格でのご提供も可能となりました。
 
このような取り組みにより、祖谷の地美栄は「安心安全で透明性の高いジビエを、お客様の欲しいときに欲しい量を」お求めやすい価格で迅速にご提供可能な、日本で最も情報管理の進んだジビエ加工施設として自負を持っています。そしてこれからも、更に安心安全で透明性が高く、お客様にとって「一番利用しやすいジビエ専門店」として進化していきたいと考えています。
 

※「国産ジビエ認証」制度とは

「野生鳥獣肉の衛生管理に関する指針(ガイドライン)」(平成26年11月厚生労働省策定)に基づいた衛生管理基準の遵守、カットチャートによる流通規格の遵守、適切なラベル表示によるトレーサビリティの確保等を適切に行う食肉処理施設を認証することにより、食肉処理施設の自主的な衛生管理等を推進するとともに、より安全なジビエ(捕獲した野生のシカ及びイノシシを利用した食肉をいう)の提供と消費者のジビエに対する安心の確保を図ることを目的とする、農林水産省所管の認証制度です。祖谷の地美栄は、2019年1月に全国第2号施設として認証を受けました。
 

   
   国産ジビエ認証マーク

 

「国産ジビエ認証」制度について

 ※農林水産省「国産ジビエ認証制度」のページに移動します。

施設平面図

祖谷の地美栄の建物は、少子化に伴い廃止となっていた旧保育所を食肉加工施設として再整備したものです。
 

カット室
金属探知機
パック加工室

施設概要

施設名

祖谷の地美栄(いやのじびえ)
 

運営責任者

高橋 敬四郎(施設長)
 

設立

2014年8月
 

運営団体

三好市鳥獣被害防止対策協議会
 

代表者

竹本 伸二
 

連絡先

TEL :  0883-76-7530
Email :  iya-gibier @ ctm.ne.jp
URL :  https://iya-gibier.com/
 

所在地

〒778-0205 徳島県三好市東祖谷新居屋70番地
 

ページトップへ

※初めてご利用される際は、ご利用ガイド及びご利用規約をお読み下さい。